マイクロラーニングのコンテンツとは?種類や作り方を解説

learningBOX, 管理者blog

マイクロラーニングのコンテンツとは?種類や作り方を解説

マイクロラーニングを導入したいものの、どのようなコンテンツを作るべきかわからない方もいるでしょう。
マイクロラーニングは隙間時間を活用できる学習方法のため、コンテンツ作りのコツを知らないと思ったような成果が現れません。
今回は、マイクロラーニングのコンテンツ例や作り方のコツについて詳しくふれていきましょう。

目次はこちら

  • 1.マイクロラーニングとは
  • 2.マイクロラーニングのコンテンツ例
  • 3. マイクロラーニングコンテンツの作り方
  • 4. まとめ

 

マイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは、短い時間での学習に特化した手法です。eラーニングと比べて、比較的簡単な内容を勉強する際に向いています。
手段に関しては、動画や記事など特に限定されていません。
マイクロラーニングの場合、コンテンツは1回1~10分で収まる内容とされています。
通勤や休憩時間など、隙間時間で勉強できる手法です。

マイクロラーニングが新しい学習として、広がったのはテレワークや時短勤務など働き方が多様化したことに合わせて、学習方法も人々のライフスタイルに合わせて変化したためです。
 

マイクロラーニングのコンテンツ例

マイクロラーニングのコンテンツには何があるか、みていきましょう。
コンテンツの特徴として、「簡単な内容・繰り返し見聞きすることで覚える」といった学習内容でなくてはなりません。
難しい学習内容やコミュニケーションを取ることで学ぶ学習内容であったりするケースには不向きです。
 

動画

短い時間の動画を観てもらうことで、マイクロラーニングができます。
数分の動画の閲覧で、気軽に学習機会を作れるでしょう。何回も繰り返すことで学習効果を高められます。
 

音声

音声を聞くコンテンツは、通勤しながら・家事をしながらなどの「ながら学習」に活用可能です。
特に聞けるタイミングが限られている場合にも役立ちます。
 

テキスト

短い時間で読み終えるテキストを活用し、電車の中やお風呂の中など、場所を選ばず手軽に取り組めます。
単語の学習などには最適です。
 

クイズ形式

択一問題や〇×問題など、数分以内に終えられるクイズ形式があります。楽しみながら学習できるでしょう。
また、間違えた問題には繰り返し挑戦できます。
 

マイクロラーニングコンテンツの作り方


短い時間で多くの事柄を学んでもらうためには、コンテンツの作り方にも注目していきましょう。eラーニングと違ったコンテンツ作りのコツを解説します。
 

コンテンツ数が重要

マイクロラーニングは、コンテンツの数が大切です。
すぐに学習を終えなくてはならないため、少ないコンテンツ数では学習範囲がまかないきれない可能性が高いでしょう。
多くのコンテンツにふれてもらい、さまざまな情報を学んでもらう必要があります。
 

難しい内容は不向き

マイクロラーニングの場合、複雑で難しい内容を学ぶことは難しいといえます。
たとえば、長文の記述が必要な分野や難しい計算が必要な場合は学びきれないでしょう。
内容はシンプルでわかりやすいものでなくてはなりません。
 

簡単に作れるサービスを利用

多くのコンテンツを作り学習者にみてもらうためには、簡単にコンテンツを作れるサービスの活用が重要です。
コンテンツの作成や配信が難しいと、教える側・教わる側のどちらにとっても負担が増えてしまいます。

気軽に作成・配信ができ、学習者が簡単にアクセスできるサービスの利用が適しているといえるでしょう。
 

まとめ

マイクロラーニングは、1~10分以内で簡単に学べる学習方法です。
比較的学習内容が簡単で、繰り返しコンテンツをみることで知識を身につけていきたい場合に向いています。
一方で、難しい内容や対人スキルが必要になる場合など、マイクロラーニングでは補えない内容は不向きです。

豊富な教材形式がある「learning BOX」は、多様な問題作成システムにより教える側のコンテンツの作成や配信における悩みを解決できます。
また、直感的に操作ができるデザインなので教わる側にとっても使いやすい為、学習時のストレスの軽減につながり、より効果的な学習ができます。
コンテンツの特徴を把握しながら、マイクロラーニングを取り入れてみましょう。
 

learningBOXを使おう


 

▼こちらもおすす!あわせて読みたい「今、イチオシの教育トレンド!マイクロラーニングで人材教育を変える」

ハラスメント研修を無料ではじめよう!
banner

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA